創業 大正13年の宮川芳文堂

日本一の職人が日本一身近な表具店。
全国技能グランプリ優勝経験のある表具師が、
お客様お一人お一人と直接向き合っていく、
それが宮川芳文堂です。

宮川芳文堂は大正13年に創業以来、大阪府堺市を中心に、みなさんの家に一部屋はあるであろう、和室の襖(ふすま)、障子(しょうじ)、掛軸(かけじく)、屏風(びょうぶ)など表具(ひょうぐ)の新調・張替を行ってきました。それ以外にも、専門的な技術を必要とする特殊壁装や寺院等の壁面金張りなども得意としてきました。

宮川芳文堂では、一級技能士(表具・壁装)であり、全国技能グランプリで優勝経験のある表具師 宮川晴仁が、直接みなさんと向き合い、みなさんの悩みを解決していきます。和室に関することだけでなく、洋室に関してもお答えすることは可能ですし、各種見本帳も取り揃えておりますので、お気軽にお問い合わせください。

みなさんが、日本の気候、風土によく合った和室や表具について見直す機会になれば幸いです。