大阪堺の表具師。襖や障子、掛軸や屏風の新調、修理、張替なら宮川芳文堂へ

ご相談・お見積は無料 tel:072-238-2256

新着情報

【作業風景】ふすま 浮けかけ(1浮け)

浮けかけはふすまの本紙を張る前に行う行程です。今回の仕事は2回浮けをかけますが1回目の浮けかけです。浮けをかけることによって本紙と骨地の間に空間を持たせ下地の凹凸が表に出ない、また和紙の調湿効果を最大に活かすことができます。そして浮け紙自体が丈夫な和紙なので本紙の強化になります。1浮けは四方断ちです。1分(約3㎜)まわりに糊をつけ骨地に袋状に浮けかけしていきます。


まずはお気軽にご相談ください。ご相談、お見積は無料です。
このページのトップへ